Flesh Flower
 浜松生花地方卸売市場
花を楽しみましょう 品種紹介します 産地LINK 花屋LINK HOME

HOME>花を楽しみましょう
身近なところに花がありますか?
花はあなたを癒してくれます。花はあなたを元気にしてくれます。
季節の中に、生活の中に、花を飾ってみましょう。きっといいこと、あなたのもとに訪れるはずです。
1月1日   正月 正月はその年の年神様を家にお迎えし、お祝をする行事です。
玄関に門松を立てるのは年神様を迎える目印としての意味をもちます。松や竹、梅を飾ります。
1月
第2月曜日 
成人の日  新成人達が両親や周りの大人達に保護されてきた子供時代を終え、自立し、大人の社会へ仲  間入りすることを自覚するための儀式を行う日です。1948年国民の祝日になりました。
2月14日 バレンタインデー ローマ帝国で禁止されていた兵士の結婚をさせていたバレンチノ司祭が処刑された日を愛の記念 日としました。女性にチョコレートを贈るのは日本だけ。お菓子やお花など海外では様々です。
3月3日 桃の節句 ひな人形を飾って女の子の健やかな成長を願います。江戸幕府によって定められた五節句のひとつで、桃の季節であり、また桃には邪気払いの力があると信じられていました。
3月8日 ミモザの日 3月8日は国際女性デー。イタリアでは男性が日頃の感謝の気持ちを込め女性に、春を告げるミモザの花を贈るそうです。女性たちは日常の家事や育児から解放され、夜遅くまで食事をしたり、お喋りを楽しむそうです。
3月14日 ホワイトデー 全国飴菓子工業協同組合関東地区部会がホワイトデーを催事化し、
1978年同組合の総会で制定しました。バレンタインデーのお返しをする日としているのは日本だけ。
3月
春分の日
お彼岸 仏教では先祖のいる極楽は西にあると考えられているため、真西に陽が沈む日(春分の日)が極楽に最も通じやすい日として、先祖の霊を供養するようになりました。
4月
第1週
入学式 入社式 日本では4月に入学するのが当たり前ですが、これは日本独自の文化。1月シンガポール、オーストラリア、3月韓国、5月タイ、6月フィリピン、9月アメリカなど。
4月23日 サンジョルディの日 スペインのカタルーニャ地方に伝わる守護聖人サン・ジョルディを祭る日として、男性は女性に赤いバラを、女性は男性に本を贈る習慣があります。
5月1日 スズランの日 フランスでは5月1日をミュゲ・デー(すずらんの日)として親しい人にすずらんを贈ります。この日にすずらんをもらった人には幸運が訪れるといいます。
5月5日 端午の節句 昭和23年、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」日として 「こどもの日」が制定され、男女の別なくこどもの幸せを願う日になりました。
5月
第2日曜日
母の日 1900年頃にアメリカの社会運動家アンナ・ジャービスの娘が亡き母親に、白いカーネーションを捧 げたことが起源です。1960年代には母に感謝する日として日本にも定着しました。
6月
第3日曜日
父の日 1910年頃にアメリカでジョン・ブルース・ドットが提唱し、1972年に6月の第3日曜日を「父親を 尊敬し称え祝う日」としてアメリカの祝日となり、その後、日本にも広がりました。
6月
1ヶ月間
ジューンブライド 英語名であるJuneはローマ神話のユピテルの妻ユノに由来します。ユノが結婚生活の守護神であることから、6月に結婚式を挙げる花嫁は幸せになれるといわれています。
7月15日
8月15日
お 盆 地獄に落ちて逆さ吊りの罰に苦しむ母親を救うため7月15日に供養したところ、極楽浄土に行 けたことに由来し、日本独自の祖先信仰と結びついて、お盆の行事ができました。
9月14日 コスモスの日 赤い秋桜(コスモス)の花言葉は「愛情」です。このことからプレゼントにコスモスを添えて交  換しお互いの愛を確認しあう日といわれています。
9月
第3月曜日
敬老の日 兵庫県の門脇村長が1947年に「老人を大切にし年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」と提唱 した「としよりの日」が始まり。1966年に国民の祝日「敬老の日」となりました。
10月31日 ハロウィン 古代ケルトでは10月31日が大晦日にあたり、この夜は先祖の霊だけでなく悪霊までやってくることを、アメリカに移住した人々が子どもも楽しめる行事としました。
11月22日 いい夫婦の日 1988年に財団法人余暇開発センター(現(財)社会経済生産性本部余暇創研)が、夫婦で余暇を楽しむゆとりあるライフスタイルを提案するとしていい夫婦の日を提唱しました。
11月23日 勤労感謝の日 その年に収穫された新米を天地の神々にささげる新嘗祭から変化したできた国民の休日です。毎日働いている人たちに、慰労と感謝の気持ちを伝えましょう。
12月25日 クリスマス イエス・キリストの生誕を祝う日です。欧米では、家族や友人と家で食事をしたり、教会へ行くのが一般的。ポインセチアを飾るのは緑と赤のクリスマスカラーであることから。

本当の愛を伝える  そして本当の愛を讃える  それは花です!

気軽にお花を楽しみましょう!

©2004(株)浜松生花地方卸売市場All Right Reserved.